ニュース

2016.12.16

劇団からのお知らせ

【稽古場レポート】新作本公演『虚仮威』

news01

新劇団員6名を加え総勢13名体制になり、さらに勢いの増した「柿喰う客」。新作本公演『虚仮威』は年末年始を挟んで4都市で上演される。今回は12月10日に開催された『虚仮威』の「柿の種会員限定・稽古場公開」に潜入してきた。[取材・文=小野明日香]

12月2日、三重文化会館にて開幕した『虚仮威』。二週間後に控えた仙台公演に向け「更なるブラッシュアップ」を目的に、急きょ公開稽古が行われる事となった。柿喰う客が東京で稽古を公開するのは今回で2度目。
公開稽古に登場したのは代表の中屋敷法仁をはじめ、玉置玲央、大村わたる、葉丸あすか、牧田哲也、長尾友里花、そして原田理央の7名。見学に訪れたのは事前に申し込みをした「柿の種」会員。原田はニューヨークに演劇留学していたため、今回の「虚仮威」が柿喰う客の作品への初参加となる。はじめてその姿を目にした見学者も多く見受けられた。

稽古は、柿喰う客がいつも行なっている特殊なシアターゲームとウォーミングアップからスタートする。今回行われたのは、まるで軟体生物かのように、他者に触れ合った箇所から流れを作って体を動かす「アタックメント」と、チームで協力してピンクパンサーを鬼から隠しながら移動させる「かくせんぼ」の2つ。あくまでも「準備運動」の段階にも関わらず、あまりのハイテンションさと真剣な取り組みに、既に何かの本番が始まっているのでは?という錯覚すら覚える。俳優としては出演しない中屋敷も参加し、白熱した時間が30分ほど過ぎたところで、芝居の稽古へと切り替わっていく。

news01

この日の稽古は、全出演者の約半数しかいない。稽古は自然と「乱痴気」スタイルで行われた(※柿喰う客では、配役を全て入れ換える「乱痴気」というものが行われることがある)。俳優たちはその場で与えられたばかりの台詞も、すらすらと読みあげていく。普段の稽古でも、全員が全員の役を演じられるように進めているらしい。だが、普段と相手が異なる台詞の掛け合いとなると、やはりどこかひっかかる物があるのか、上手くいかない顔をして模索する劇団員たちの表情も見られた。「あえて本役ではない人間が台詞を読んでみる事で新たな発見があるかもしれない。」という中屋敷の言葉通りに、同じ台詞を別の人間が話すと、まったく異なった背景が見えてくるので不思議なものだ。その言葉通り、公演の際は七味が演じる役を原田が演じると、劇団員から驚嘆の声が上がったりした。

真剣な顔ばかりかと思えば、台詞とイントネーションが違うと玉置に散々いじられ、拗ねてネックウォーマーを頭にかぶり始める牧田や、枕が変わると眠れない事について語る長尾、ワイルドに林檎をかじって空腹を満たす原田など、劇団員のおちゃめな一面も垣間見られた。

news01

筆者が印象に残っていたのは通称「べっこう飴」のシーン。公演の際は長尾と福井で行われるシーンを、公開稽古では長尾と葉丸が演じ、繰り返しての試演が行われた。その場にいる俳優たち全員で意見を出し合い、時にはふざけて茶化しあいながら「あれ?今のこれっていいんじゃない?」などと言ってメモ書きをし、自分たちの演技について模索していた。長時間試行錯誤をした末に「まあでもこれ、大したシーンじゃないんだよなあ」と笑いながら突き放す中屋敷は、まるで子供のようであった。

news01

「例えば、難解な方程式を解き続けている時に、とっさに1+1を問われると答えられなくなる。その違和感のような、複雑な抑揚をつけた仕掛けを作りたい。劇場と俳優とお客さん全てを巻き込んで、バタバタと色んな可能性を広げられたら」柿喰う客の芝居について中屋敷はそのように語っていた。

さらなる進化を求め作品に立ち向かう「新生・柿喰う客」のフルパワーがどのような形となって劇場で発散されるのか。また、稽古場で垣間見たシーンの数々がどういった風に演じられるのか。今から劇場に足を運ぶのが楽しみで仕方がない。

なお、東京で行われる12月31日の21時公演を観劇すると、その後に行われるカウントダウンイベントにも参加が出来るとのこと。2017年1月1日に11周年を迎える柿喰う客と共に劇場で新年を迎えてみるのも、また一興かもしれない。

[取材・文=小野明日香]

■公演概要
柿喰う客 「虚仮威」

【作・演出】中屋敷法仁
【出演】七味まゆ味/玉置玲央/深谷由梨香/永島敬三/大村わたる/葉丸あすか
牧田哲也/加藤ひろたか/原田理央/田中穂先/長尾友里花/福井 夏

<三重公演>2016/12/2(金)~12/4(日)三重県文化会館小ホール
<仙台公演>2016/12/17(土)~12/18(日)エル・パーク仙台
<東京公演>2016/12/28(水)~2017/1/9(月・祝) 本多劇場
<大阪公演>2017/1/19(木)~1/22(日)ナレッジシアター

公演のお問い合わせ:ゴーチ・ブラザーズ 03-6809-7125
(平日10:00~18:00)